黒ずみのある方はシールを貼って保護してくれる!

VIOラインやワキなどは特に黒ずみができやすい部分です。そういった場所などに黒ずみがある場合に、医療脱毛を受けることができるのか心配になる方もいるかもしれません。

大阪の医療脱毛は、レーザーをメラニン色素の濃い毛根に照射することで、その部分にダメージを与えて毛乳頭を破壊するという方法となっています。

ただ、濃いシミであったりホクロなどはレーザーの熱がそこに集まってしまうために、火傷を負う危険性もあります。そういったときにはレーザーが当たるのを防ぐためにシールを貼り保護するのですね。

ただ、中には全体的に肌が日焼けをしているケースもあるでしょう。しかし、医療脱毛を受ける前には日焼けをしたりしないように気を付ける必要があるのです。

施術日の何日前にどの程度の日焼けをしたかによっても変わってきますが、肌が黒ずむことや色素の沈着が酷いなら、脱毛自体ができなくなることもあれば、出力の力を抑えて施術を行うこともあり得るのですね。

ただ、出力を抑えるということは、それだけ効果は減ってしまう可能性もあるということです。黒ずみなども人によって度合いが異なるので、脱毛ができるかどうかは、カウンセリングを受けてから判断されるでしょう。

僅かな色素沈着であれば施術ができる可能性はありますし、レーザーでの脱毛ができなくても、ニードル脱毛なら肌の色は関係なく施術ができます。よって、酷い黒ずみがあるとしても可能となるわけですね。


SBC湘南美容外科



▼大阪の医療脱毛は黒ずみがあっても受けることは可能なの?

【概要】
黒ずみのある方はシールを貼って保護してくれる! VIOラインやワキなどは特に黒ずみができやすい部分です。そういった場所などに黒ずみがある場合に、医療脱毛を受ける…

医療脱毛..(新宿)..全身1回あたり1番安い湘南美容外科とアリシアの...

page top